茨城大学 > 工学部 >[メディア通信工学科電気電子システム工学科] > 人間情報工学研究室
学内外の活動記録(予定と実績)
問い合わせ] / [ツイッター(Twitter)


研究成果 一覧はこちら
マスメディアへの登場歴(テレビ・新聞・etc.)一覧はこちら

【2020年度】 [2019年度] [2018年度] [2017年度] [2016年度] [2015年度] [2014年度] [2013年度] [2012年度] [2011年度] [2010年度] [2009年度] [2008年度] [2007年度] [2006年度] [2005年度] [2004年度] [2003年度] [2002年度] [2001年度] [2000年度] [1999年度]
日 付内 容
2020年
12月 2日(水)
矢内浩文
‥…→茨城大学インターンシップとして、茨城県立日立北高等学校の生徒を受け入れ。テーマは「体験して知るモノの使いやすさの方程式」。実施に際しては、人間情報工学研究室所属学生(カノン、ケイ、ホーマー、リチャード、タイガー)も協力。
2020年
12月 1日(火)
矢内浩文
‥…→YouTubeチャンネル「青少年のための科学の祭典・日立大会」で、科学実験を体験するための動画が公開中(第20回の開催となる予定だった日立大会は中止となり、動画での提供となりました)
【動画タイトル】手の運動能力をはかろう!〜見て、判断して、修正する、手と脳の総合力の測定〜[動画を見る
 ★この企画は、昨年(2019年12月)の「日立大会」で100名以上の方々に、そして2019年7月の「青少年のための科学の祭典2019全国大会」(東京・科学技術館)で270名以上の方々に体験いただき、好評を得た企画です。[体験の様子のムービー(Twitter)]
2020年
11月14日(土)
矢内浩文
‥…→茨城県弘道館アカデミー・県民大学講座「知性と感性は別物か?〜知能の理解を目指す試みの一端として〜」を開講。企画は茨城県県北生涯学習センター。
2020年
10月28日(水)
矢内浩文
‥…→つくば国際東風高等学校にて、模擬授業「間違える脳・間違えないコンピューター 〜知能の理解を目指す試み〜」を実施。
2020年
10月 2日(金)
〜11月27日(金)
矢内浩文
‥…→茨城大学iOPチュートリアルプログラム(iOP = internship Off-campus Program)の、新型コロナ感染症を踏まえたオンライン版を実施。人文社会学部と工学部から学生を迎え、「人間の注意力測定法の研究(認知心理サイエンス)」をテーマに活動。
2020年
9月17日(木)
矢内浩文
‥…→よみうりタウンニュース(2020年9月17日号)の記事「シーマーク屋上にだまし絵」で、複合型商業施設「シーマークスクエア」屋上に設置されているトリック動物オブジェが紹介。
※ この動物オブジェは、シーマークスクエアからの依頼で矢内がデザインしたものです。原画はトールペイント作家の前田潤子さんに描いていただきました。

▼動物オブジェのある広場[クリックで拡大]
シーマークスクエア 錯覚 動物 オブジェ レッサーパンダ キリン ゾウ ライオン ジャイアントパンダ 茨城大学 工学部
▼複合型商業施設「シーマークスクエア」の屋上全体のムービー(動物オブジェは1分30秒経過時に見え始めます)
2020年
8月19日(水)
矢内浩文
‥…→茨城新聞2020年8月19日号で、角記念市民ギャラリーにて開催の「モザイクアートの世界展 〜見て・観て・考えて〜」が紹介。記事のタイトルは『日立「モザイクアートの世界展」文字、写真並べ作品に』。
2020年
8月 4日(火)
〜30日(日)
矢内浩文
‥…→角記念市民ギャラリーにて開催中の「モザイクアートの世界展 〜見て・観て・考えて〜」で作品を展示。入場無料、10時〜18時、月曜休館。
  • やないひろふみ作:11作品 / 梅津信幸作:7作品(リアルタイムフォトモザイクを含む) / 角 浩作:1作品+常設展
  • カメラの前に立つ人々の映像が、瞬時にモザイクアート映像に変換される「リアルタイムフォトモザイク」(梅津信幸作)は、モザイクアート化された画像をプリントして持ち帰ることもできます(無料)。
  • 自宅でお菓子パッケージモザイクアートが作れるお持ち帰りプレゼント、配布中(無料)。
  • 自分の360°ぐるぐる画像で自分の顔がモザイクアート化される「笑顔ぐるぐる撮影会」が、8月9日(日)、16日(日)、23日(日)に開催。各日、先着50名。参加費500円。
▼「モザイクアートの世界展」で展示中の作品(の一部)を使った作品集を作ってみました[クリックで拡大]。この画像からはモザイクアートの細部を読み取ることができないため、本当の面白さが伝わりませんが、イメージはつかんでいただけると思います。
モザイクアートの世界展 茨城県 日立市 角記念市民ギャラリー 茨城大学 工学部
▼YouTube動画(一部の作品の説明的な紹介と、会場の様子)
2020年
8月 1日(土)
〜30日(日)
矢内浩文
‥…→日立シビックセンター科学館オリエンテーションルームで「ミニトリックアート展」が開催。“お持ち帰り工作コーナー”では人間情報工学研究室デザインの錯覚キリンが毎日100名限定で無料配付。「ミニトリックアート展」は8月1日(土)〜30日(日)開催、入場無料。
2020年
7月16日(木)
機械システム工学科梅津研究室との合同ゼミを開催。
2020年
4月17日(金)
矢内浩文
‥…→島影教授とともに、電気電子システム工学科3年生向けのオンライン履修ガイダンスを担当。
2020年
4月 8日(水)
研究室に4年生3名、大学院生2名が加わりました。


茨城大学 > 工学部 >[メディア通信工学科電気電子システム工学科] > 人間情報工学研究室